五感で口説く

あなたが意識することは見た目だけではありません。五感で口説きましょう!

五感で口説く

男が、モテる男を想像する時、見た目のカッコ良さを重視しますよね。

イケメンならモテるはず!と信じています。

ただし、イケメンに限る!などの言葉を見ても、それを如実に物語っていますね。

実際、そうなのか?

確かに、イケメンは有利かもしれませんが、イケメンは他にあるモテ要素のうちの一つに過ぎないということです。

見た目ばかりを気にするあまり、他の部分が疎かになって口説けない男はたくさんいます。

ここでは、五感を例に取ってみましょう。

五感とは、視覚、聴覚、嗅覚、触角、味覚とのこと。

視覚:見た目の部分。男が気にする部分ですね。

聴覚:耳からの要素。女性に何を聞かせるか。音楽のことではなく、あなたの声のトーンや話し声も、大切な要素になります。ケンコバの低い声が好きという人もいますね。さらに、話しの内容もここに含まれてくるのかもしれません。

嗅覚:匂い。あなたからどんな香りがするか。汗臭いのは問題外として、香水などをつけていますか?

触角:肌の感覚の部分です。女性に一切触れることなしに口説くことはできません。体に触らずにセックスできないのと同じことですね(笑)口説くには、相手に触れることが大切になりますし、女性も触れられることで、男を意識してしまうことがあります。

味覚:味の部分。まずいものを食べさせるのではなく、美味しいものをたべさせることで口説く。美味しいレストランやスイーツを食べさせる時から、口説きは始まっているということです。

いかがでしたでしょうか?

女性は、男性よりも多くの感覚を持っています。

男が思っているほど見た目を重視しない女性もいます。

あなたがすべきことは、単にイケメンじゃないから無理と諦めるのではなく、見た目も最大限の努力をしながら、他の要素も磨いていくということですね。

『イケメンだからモテるんだよな』は、負け犬の遠吠えです。

イケメンじゃなくてもモテる!が本当にいい男だと思いませんか?

■関連記事
マッチコムは出会える!




鈴木サトシの恋愛塾!について

ページの先頭へ
トップに戻る
友達に教える

AX

(C)鈴木サトシの恋愛塾!